司書委員会

2018年3月 5日 (月)

2017年京都府内公立小中学校、「学校司書」配置状況

京都府立高教組学校職員部司書委員会のウェブサイトを更新しました。
 京都府立高等学校教職員組合司書委員会では、この数年京都府内の各自治体(教育委員会・広域連合教育委員会)に、「学校司書の配置に関する実態調査」(公立小中学校)についてご協力をお願いし、「京都の図書館のつどい」で報告してきました。
 2017年度の調査結果を司書委員会ホームページに公開しましたのでご覧ください。
2017年京都府内公立小中学校、「学校司書」配置状況

2017年度京都府内公立小中学校「学校司書」配置状況調査結果報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

夏の学習会

8月19日(土)司書委員会 夏の学習会が行われました。
 午前は、昇任・昇格についての研修会を持ちました。参加者の体験も出し合って、昇任・昇格の問題についてじっくり話し合いました。
 午後は全教学校司書部定期総会及び学習集会の報告から始まり、これからの組合活動について話し合いました。
 休憩時間にコーヒーなどを飲みながら夏の思い出を全員が語ったあとは、スノードームを作りました。作り方は簡単ですが、スポンジをまっすぐに切るのと、水とのりの配分が意外に難しかったです。各自、びんに入れるフィギュアやラメを工夫して、中がキラキラしてきれいなスノードームができました。

Dsc_0843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

2016年京都府内公立小中学校、「学校司書」配置状況

京都府立高教組学校職員部司書委員会のウェブサイトを更新しました。
 京都府立高等学校教職員組合司書委員会では、この数年京都府内の各自治体(教育委員会・広域連合教育委員会)に、「学校司書の配置に関する実態調査」(公立小中学校)についてご協力をお願いし、「京都の図書館のつどい」で報告してきました。
 2016年度の調査結果を司書委員会ホームページに公開しましたのでご覧ください。
<

2016年度京都府内公立小中学校「学校司書」配置状況調査結果報告

2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月 プラス・・・

おすすめ本の紹介の前に、司書委員会活動紹介を1件
◎5月21日におこなわれた第71回京都府立高教組定期大会の「宣伝・通信コンクール」に5種類のビラやニュースを出展し、私たちの機関紙「司書委員会ニュース」(年間10号発行)は「その他の部」最優秀賞でした!「ビラの部」優秀賞、「努力賞」を含め4枚の表彰状をいただきました。

2016

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月



『流』 東山彰良著 講談社刊 1728円
 1970年代の台湾が舞台。高校生葉秋生の祖父は何者かによって殺されます。祖父を殺したのは一体誰なのか?という謎を抱えつつ、暴力や友情や恋に無軌道に生きる主人公秋生の激しい青春の物語です。全ての描写がまるで映像を見ているかのように生き生きと描かれ、自分もこの物語の中に生きているような感覚で時間を忘れて読みふけりました。まさしく超弩級の面白さです。
 直木賞審査員が全員一致で選んだというのもうなずけます。(あ)


『永い言い訳』 西川美和著 文藝春秋刊 1728円
  「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」。読み終わった後、この言葉の意味がきびしく胸に迫ってきました。誰しもが日常や人生において、思い当たることがあるのではないでしょうか。
  長年連れ添った妻を突然のバス事故で失った人気作家の津村啓は、悲しさを“演じる”ことしかできません。同じ事故で母親を失った一家と出会い、初めて妻と向き合い始めるのですが…。
一筋縄ではいかない人間の関係の幸福と不確かさを描ききった、心揺さぶる作品です。著者は映画監督でもあり、すでに映画化もされています。(あ)


『人の前に出る仕事の人へ。』 加藤昌史著 ぴあ 2015年12月刊

自分の考え方やコミュニケーションの仕方が凝り固まっているなぁ・・・と感じたらぜひ読んでみてください。人間関係においていろんな物事を良い方向に流すためのヒントが詰まっています。正直なところ、読んだからといってすぐに実行するのは難しいとは思いますが、それでも明るい気分になれます。教職員など人の前で話す機会の多い人はもちろん(そもそもこの本ができるきっかけは、教員を目指す学生への講演にあったようですし)、そうでない人、普通の大人や学生・高校生にも示唆に富んだ本です。著書は演劇集団キャラメルボックスの創立メンバーで、製作総指揮。舞台を見に行けばロビーや開演前の説明などで、観客と劇団の間を取り持つ人としてお目にかかれます。(ち)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

2015年度京都府内公立小中学校・学校司書配置状況

 京都府立高等学校教職員組合司書委員会では、この数年京都府内の各自治体(教育委員会・広域連合教育委員会)に、「学校司書の配置に関する実態調査」(公立小中学校)についてご協力をお願いし、「京都の図書館のつどい」で報告してきました。

 2015年度の調査結果を司書委員会ホームページに公開しましたのでご覧ください。

(下記をクリックしていただくと、該当ページにジャンプします)

司書委員会ホームページ

2015年度京都府内公立小中学校「学校司書」配置状況調査結果報告

調査質問票(アンケート回答用紙)

アンケート集計結果詳細

2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

ミニノートづくりワークショップ

 10月25日(日)、第65次京都高校教研が行われました。司書委員会の担当は午後から行われた課題別分科会「豊かな図書館教育」。
 今年はワークショップ1本、レポート1本、ミニレポート10本余り、と盛況で、大幅に時間オーバーになり、最後は会場ロビーでも交流するほどでした。
  ここではワークショップ、ミニノート作りについて報告します。
Cimg0226

上の写真のような材料から
下の写真のようなハードカバー表紙を作り、中に紙を挟み込めばステキなオリジナルのノートが出来ます。大きさはA6判です。
Cimg0227
 
  図書館行事などにも応用できる布装のハードカバー表紙を作る、基礎的な製本ワークショップです。
まず担当者が用意した色とりどりの布と紙の中から

Cimg0174

好みのものを選びます。柄の布には無地のコットン紙を見返しにして色を合わせ、無地の布には柄入り紙を見返し紙として選びます。
Cimg0175

布に薄紙の接着芯をアイロン接着。今回は担当者がすでにのりしろや切る場所等の線を入れて切りそろえたものを用意してくれていました。
Cimg0176

アイロンをかけたら、あらかじめ付けてもらっている切り取り線で2枚に切っておきます。
Cimg0178


表紙用ボール紙(2ミリ厚)と見返し紙も既定のサイズに切ります。
薄めた木工用ボンドでボール紙・布・見返し紙を接着。
Cimg0179


それを製本用締め機を使って圧着するとともにボンドを乾かすこと1時間
(この待ち時間に他のレポートを報告)
下が乾かした後の写真です。
.
Cimg0180

綴じるための穴をハトメ抜きであけるのですが

Cimg0181


回転式穴あけパンチでは歯が立たない人が多く苦戦。


Cimg0184

握力の差なのか、何かコツがあるのか、途中まではあく人、まったくだめな人と女性陣は別れましたが、男性は良い音がしてスムーズにあいていました。

Cimg0186

回転式パンチでは穴が開かなかった人たちは、ポンチで穴あけ。
Cimg0187  
トンカチでガンガンいくのできっと周囲にはご迷惑だったと思います。ごめんなさい。
Cimg0185  
穴が開いたら、ハトメ金具を装着。
革ひもで留めれば表紙は完成です。
Cimg0190


ここにA6判に切って2穴パンチで穴をあけたメモ用紙等をはさみこめば、世界に一つだけのノートの完成です。
 

参考にしたのは『 雑貨屋さんの製本教室―2時間で気ままにつくる 』 西川順子・斉藤珠美著 雷鳥社 2010年刊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

「全国学校図書館学習交流集会2015 in京都(報告)

「全国学校図書館学習交流集会~ゆたかな心と学ぶ力を育てる学校図書館を~」2015 in京都

Photo
ご報告が遅くなりましたが、標記の会と全教学校司書部第27回定期総会は8月2日~3日、京都市内で行われ、北海道から九州まで多数の学校司書、学校図書館関係者の参加を得て成功裏に終了いたしました。
 ご参加、ご協力いただいた皆さま方ありがとうございました。

 全国学校図書館学習交流集会は8月2日14時30分より行われました。
Photo_2
2日は茂山狂言会茂山千五郎家)・茂山正邦さんによる講演「狂言という名のお芝居」が行われました。(以下、講演に関する画像は茂山狂言会さまより掲載許可をいただいております)

Photo


まず最初に、能・狂言の歴史からひもといて、ホワイトボードも使って丁寧に「狂言」についてレクチャーをしていただきました。

Photo_2


そのあと参加者全員で狂言の笑い方や嘆き方のワークショップ。

Photo_3


Photo_4


さらに「魚説経」の実演もあり、参加者からの質問にも丁寧に応答していただきまた。興味深く、楽しく、充実した講演会となりました。

Photo_5


 夜は「夕食交流会」。恒例の各道府県紹介のあとは、司書委員会メンバー厳選の京都土産の数々を賞品にした「ご当地クイズ大会」で盛り上がりました。

2日目
Photo_3
 8月3日は、A「教育活動を支える学校図書館」(授業・特活・読書指導など)、B「魅力ある学校図書館づくり」(展示・広報・図書館行事・図書委員会活動など)、C「学校司書制度の充実を求めて」 (各県の状況・学図法「改正」後の動きなど)の3テーマを討論・交流の柱に、3つの分散会に分かれてレポート発表や、図書館ニュースの交流等を行いました。



Photo_4

↑集会で使用したネームプレートの台紙。浴衣を着ているのは司書委員会のキャラクター「司書子さん」です。



Sn3v16010001


↑京都スタッフの腕章です。手作りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

全国学校図書館学習交流集会2015in京都

今年度「全国学校図書館学習交流集会~ゆたかな心と学ぶ力を育てる学校図書館を~は、京都で開催されます!日程は8月2日午後~8月3日夕です。詳しくはココをご覧ください。

 全国の学校図書館から「教育活動を支える学校図書館」「魅力ある学校図書館づくり」 などをテーマにした実践報告、専任・専門・正規の学校司書制度と全校配置を求める運動についての報告が集まります。現在参加者募集中です。府立高教組・京教組・全教のメンバーではない方も奮ってご参加ください。

Page001

Page002

 京都府内の公立の小中学校図書館に勤務されている「学校司書」や府立学校の図書館に勤務されている「学校図書館司書」のみなさんにつきましては、ぜひ事前に司書委員会にご連絡ください。特別に配慮事項がございます。

「ver.3.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

「第4回学校図書館研修会」

京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい実行委員会が主催する
「第4回学校図書館研修会  ~活用される学校図書館をめざして~」が下記のとおり開催されます。学校図書館で働いておられる方、学校図書館に関心をお持ちの方、どなたでも参加いただけます。事前申し込みは不要です。
 
   ※ 日時  2015年6月27日(土) 13:30~16:00   [13:00より 受付開始]
      ※ 場所  ラボール京都(京都労働者総合会館) 4F第1会議室
      ※ 内容  実践報告: 「探究型学習と学校図書館」
                            
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

2014年度京都府内公立小中学校「学校司書」配置状況調査結果報告

 京都府立高等学校教職員組合司書委員会では、2010年秋より5年間毎年、京都府内の各自治体(教育委員会・広域連合教育委員会)に、「学校司書の配置に関する実態調査」(公立小中学校)についてご協力をお願いし、「京都の図書館のつどい」で報告してきました。
 2014年度の調査結果を司書委員会ホームページに公開しましたのでご覧ください。
(下記をクリックしていただくと、該当ページにジャンプします)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)