« 今月のししょこさん’S図書館 2017年後半 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年5月 »

2018年4月 1日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年4月

『健康で文化的な最低限度の生活 1~6巻』
     柏木ハルコ ビッグコミックス 2014 小学館
 昨今、子どもの貧困が問題となっていますが、高校でも厳しい環境の中で高校生活を送っている生徒も少なくありません。生活保護については不正受給ばかりがクローズアップされて、生保を受けることが悪であるかのような誤解や偏見を生んでいるように感じます。
主人公義経えみるは大学を卒業して、生活課に配属となった新人ケースワーカーです。空気が読めないことがコンプレックス。担当する生保受給者やその家族たちとのコミュニケーションで悩みながらも、ベテランケースワーカーでえみるの指導係半田さんたちのアドバイスで少しずつ成長していきます。生活保護の現場の厳しさや様々な問題を主人公たち新人ケースワーカーの葛藤とともにリアルに描いています。
                                    YE
 

『神様の裏の顔』
     藤崎翔  角川文庫 2016 角川書店
 神様のような教師が亡くなり、参列者が涙とともに故人を偲ぶ。いろいろな参列者が故人について語る話が紡がれていくが、途中から、本当にそうなのかという疑惑が生れる。一度生れた疑惑はふくらみ、先生は実はとんでもない人だったのではないかと疑われるが…。二転三転するお話。最後まで読むと必ず最初から読み返したくなります。ネタばれするといけないので、これぐらいしか紹介できません。
                                    ME

『賢治と鉱物 文系のための鉱物学入門』
     加藤碵一 青木正博  2011 工作舎
 [りんだうの花は刻まれた天河石と打ち劈かれた天河石で組み上がり、その葉はなめらかな硅孔雀石で出来てゐました。]宮沢賢治の童話「十力の金剛石」の一節です。
 
 賢治の童話には、多くの鉱物が登場します。作中における鉱物とはもちろん物語を彩る道具の一つなのでしょうが、賢治独特の表現―ガラス細工のような装飾音の響きに「色は?形は?一体どんな石なのだろう」と想像力がかきたてられたものです。 
 この本では、賢治の作品に登場する鉱物を、豊富な写真とともに紹介してあります。読み物として冒頭から丁寧に読むのも良いですが、賢治童話の傍らにおいて、物語を一緒に楽しむのがおすすめです。

                                    MA        

         

|

« 今月のししょこさん’S図書館 2017年後半 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年5月 »

お薦めの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505932/73219879

この記事へのトラックバック一覧です: 司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年4月:

« 今月のししょこさん’S図書館 2017年後半 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年5月 »