« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月 6日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年 10月

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆します。

『ぼくは君たちを憎まないことにした』 
          アントワーヌ・レリス【著】   

            ポプラ社 2016/6   1,200円(本体) 

 
 2015年11月のパリ同時多発テロ事件で最愛の妻を失い、一歳半の息子と二人で残されたジャーナリストは、フェイスブック上でテロリストたちに宛てた手紙を公開した。
 「君たちが誰なのかをぼくは知らないし、知ろうとも思わない。(中略)ぼくは君たちに憎しみを贈ることはしない。君たちはそれが目的なのかもしれないが、憎悪に怒りで応じることは、君たちと同じ無知に陥ることになるから。」
 テロリストへの手紙を含む二週間の手記。深い喪失感の中で、幼い息子の日常が日々の生活を、人生を支える糧になっている。息子の笑い声で締めくくられたラストがぎゅっと胸をつかむ。   (C)

 『二番目の悪者』
          林大林【作】・庄野ナホコ【絵】
            ちいさい書房 2014/11  1,400円(本体)

 悪意のない噂、真実を確かめない安易な「拡散」、おかしいと思っても自己防衛のため見て見ぬふり……。
 私たち人間は、ソレがどんな結果をもたらすか、歴史の中でイヤというほど経験してきたはずなのに、悲しい出来事は世の中からなくならない。
 「自分は人の道に外れたことは絶対にしない!」と胸を張る人の心にも、「二番目の悪者」はきっと潜んでいる。私の中にも潜んでいる。
 悪意もないが責任感もない、世界の何十億という「二番目の悪者」に贈る風刺絵本。「二番目の悪者」が絶滅すれば、世界はきっと、本当に平和になる。   (C)


『玉妖綺譚』(創元推理文庫)
          真園めぐみ著 
            東京創元社

 
 明治時代の日本を思わせる、皇国大和の首都・櫂都が舞台。ファンタジーとあって、人間の住む世界とは別に妖たちが住む“異界”というものが隣り合うように存在する。時折人間の世界にやってきて悪さをする彼らを倒す人間も存在し“驅妖師”と呼ばれている。
その“驅妖師”を目指す見習いの少女彩音が本作の主人公。命の危険もある仕事をこなす彼女の強力な相棒くろがねは、竜卵石という特別な石に宿った“玉妖”と呼ばれる精霊。たぐい稀な存在である彼らは、時に人を破滅させるほどの美しい容姿と強力な力を持つ。
実は彩音の姉百合乃も魅了された一人で、玉妖と添い遂げることを選び長い眠りについている。唯一の家族である百合乃を失いつつある彩音は、姉を助けようと無愛想な相棒とともに解決方法を探すが、最後の手段は姉が愛する玉妖を倒すことで…。
妖とも人間ともつかない玉妖の存在が幻想的な作品。主人公のこれからの成長も気になる和風ファンタジーです。   (H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

「第7回 京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」

「第7回 京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」下記の通り開催します。

「7tsudi.pdf」をダウンロード

講演 「図書館における民間委託などの
    現状と課題

       ―公共図書館・学校図書館の両面から―

    講師 塩見 昇氏
(大阪教育大学名誉教授、本図書館協会顧問)

 

日 時 2016123()

 9:30受付 10:0016:00

場 所 ラボール京都(京都労働者総合会館)

 大ホール(2) 

参加費(資料代)  ¥300 

 

[午前の部】 10:00~12:00

◆講演

◆報告:「小・中学校図書館への人の配置に関するアンケート」の調査について   
         〈京都府立高等学校教職員組合 司書委員会〉

[午後の部】 13:00~16:00

◆報告及び実践報告

  ・堺市の図書館を考える会  脇谷邦子さん

  ・図書館を考える大津市民の会  大村ちず子さん

・「丹後の高校がキャンパス化しても
               図書館には司書を」

    京都府立高校学校図書館司書  脇真由美さん

  ・小学校もしくは中学校からの報告を予定

・学校司書のモデルカリキュラムについて

  京都府立高校学校図書館司書  山田早苗さん

 

主催  『京都の学校図書館・公共図書館の

充実を求めるつどい』実行委員会

HP  http://kyolibtsudoi.blog.fc2.com/

Email  misaki_okhotmail.com

TELL  090-4905-8901(岡本みさき)

 

京都労働者総合会館 ラボール京都

(四条通り御前西入る)

〒604-8854

京都市中京区壬生仙念町30-2

電話 075-801-5311

 

京都労働者総合会館 ラボール京都

(四条通り御前西入る)

〒604-8854

京都市中京区壬生仙念町30-2

電話 075-801-5311

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »