« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年6月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年6月




『ヒーロー!』 白岩玄著 河出書房新社 2016年刊 1400円(税別)
 それは、大仏のマスクをかぶって昼休みにグランドでパフォーマンスをするという、極めて奇抜なアイデアだった。なぜそんなことをするのか-いじめをなくすため、というこれまた奇想天外な動機である。
戦隊ヒーロー大好きの高校2年生・新島英雄は、学校の平和を実現するため「素敵な解決方法」を思いつき、演劇部員・佐古鈴に協力を依頼する。意外にも新島のダンスはキレもセンスよく佐古の演出も冴えて、大仏マスクパフォーマンスは成功するかに見えた。しかし、佐古の親友・小峰玲花が別のユニットを結成してパフォーマンスに参入してくるや、展開も奇妙奇天烈となる。 さて、学校からいじめはなくなったのか!?結末やいかに?『野ブタをプロデュース』同様、白岩玄さんの学園ものは絶妙です。(さ)


『ヨーコさんの“言葉”』 佐野洋子 文 北村裕花 絵  講談社 2016年刊
物の見方は、尺度や座標軸のおきかたで全く違ってくる。
ヨーコさんの尺度は柔軟で、考え方は痛快である。そして妙に納得出来る。利便性や合理性を追求する世の流れに「せめてこれ以上、誰も何も考えないで」、根拠とか意味とか真実とかを求めがちな人間の性(さが)に「朝、目が覚めたら、風の吹くままに」と軽ろやかにいなす。そして夭逝した兄を想い、絵本『100万回生きたねこ』を書いていた時の自分の心情を、そっと見つめ直すヨーコさん・・・。北村さんの描く人物はリアルで、ヨーコさんは今も元気で日々独自な言葉を吐いているように思える。  ―これは某局の番組を本にしたものです。現在、既刊2冊。(さ)




 



『なでし子物語』伊吹有喜著  
                ポプラ文庫 2014年  

 母に捨てられ、亡き父方の祖父に引き取られた少女燿子。いじめにあい、いつも自分に自信がもてず苦しんでいます。そんな彼女が祖父の住む山深い峰雄の地で出会ったのが、立海という少年です。地元の富豪遠藤家の当主と驚くほど若い後妻の間に生まれた立海。家柄や複雑な家庭環境故に悩み、いじめにもあい、苦しんでいます。そしてもうひとり、遠藤家の当主の息子であった夫に先立たれ、居所を失って思い出の中に生きる未亡人照子。この3人が出会ったことで、静かにそれぞれの人生が動いていきます。   遠藤家のお坊ちゃんである立海と遠藤家の使用人の孫である燿子。お互いをヨウヨ、リュウカくんと呼び合い、身分の違いを超えて支えあう二人。苦しみを乗り越えようとけなげに生きる小さなふたりの姿は時にほほえましく、時に切なくていとおしくてたまらなくなります。  立海の家庭教師青井さんは、燿子の生きづらさの原因を見抜き、的確なアドバイスで燿子を導いてくれます。自立と自律についての彼女の言葉は心に残ります。何もできない子どもだった燿子が少しずつ自信をつけ成長していく姿に胸が熱くなります。(E)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月 プラス・・・

おすすめ本の紹介の前に、司書委員会活動紹介を1件
◎5月21日におこなわれた第71回京都府立高教組定期大会の「宣伝・通信コンクール」に5種類のビラやニュースを出展し、私たちの機関紙「司書委員会ニュース」(年間10号発行)は「その他の部」最優秀賞でした!「ビラの部」優秀賞、「努力賞」を含め4枚の表彰状をいただきました。

2016

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月



『流』 東山彰良著 講談社刊 1728円
 1970年代の台湾が舞台。高校生葉秋生の祖父は何者かによって殺されます。祖父を殺したのは一体誰なのか?という謎を抱えつつ、暴力や友情や恋に無軌道に生きる主人公秋生の激しい青春の物語です。全ての描写がまるで映像を見ているかのように生き生きと描かれ、自分もこの物語の中に生きているような感覚で時間を忘れて読みふけりました。まさしく超弩級の面白さです。
 直木賞審査員が全員一致で選んだというのもうなずけます。(あ)


『永い言い訳』 西川美和著 文藝春秋刊 1728円
  「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」。読み終わった後、この言葉の意味がきびしく胸に迫ってきました。誰しもが日常や人生において、思い当たることがあるのではないでしょうか。
  長年連れ添った妻を突然のバス事故で失った人気作家の津村啓は、悲しさを“演じる”ことしかできません。同じ事故で母親を失った一家と出会い、初めて妻と向き合い始めるのですが…。
一筋縄ではいかない人間の関係の幸福と不確かさを描ききった、心揺さぶる作品です。著者は映画監督でもあり、すでに映画化もされています。(あ)


『人の前に出る仕事の人へ。』 加藤昌史著 ぴあ 2015年12月刊

自分の考え方やコミュニケーションの仕方が凝り固まっているなぁ・・・と感じたらぜひ読んでみてください。人間関係においていろんな物事を良い方向に流すためのヒントが詰まっています。正直なところ、読んだからといってすぐに実行するのは難しいとは思いますが、それでも明るい気分になれます。教職員など人の前で話す機会の多い人はもちろん(そもそもこの本ができるきっかけは、教員を目指す学生への講演にあったようですし)、そうでない人、普通の大人や学生・高校生にも示唆に富んだ本です。著書は演劇集団キャラメルボックスの創立メンバーで、製作総指揮。舞台を見に行けばロビーや開演前の説明などで、観客と劇団の間を取り持つ人としてお目にかかれます。(ち)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:2016年5月

今月のししょこさん’S図書館:2016年5月

5月の窓飾り・出入り口付近の飾り
Koinobori2 こいのぼり

Koinobori

Tubame つばめ

Photo よつ葉のクローバー

5_2 和手ぬぐいを利用して・・・

160518_161801 気球


愛鳥週間

Photo_2

5月といえばMay Day。高校生でもアルバイトをしている「労働者」がたくさんいます。試験前なのにシフトでいっぱいという生徒もいて、労働についての知識を持つことの必要性を感じます。

2016051010180000

映像化された小説は映画館でもらうチラシや新聞・雑誌の広告・ミニコミ誌等の切り抜きを使ってPR

Photo_3

母の日に寄せて

Hahanohi

固い本の周りにも、季節の飾りをあしらえば、ちょっと目を引くことができそうです。

5_4











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »