« 今月のししょこさん’S図書館:2016年5月 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年6月 »

2016年6月 1日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月 プラス・・・

おすすめ本の紹介の前に、司書委員会活動紹介を1件
◎5月21日におこなわれた第71回京都府立高教組定期大会の「宣伝・通信コンクール」に5種類のビラやニュースを出展し、私たちの機関紙「司書委員会ニュース」(年間10号発行)は「その他の部」最優秀賞でした!「ビラの部」優秀賞、「努力賞」を含め4枚の表彰状をいただきました。

2016

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月



『流』 東山彰良著 講談社刊 1728円
 1970年代の台湾が舞台。高校生葉秋生の祖父は何者かによって殺されます。祖父を殺したのは一体誰なのか?という謎を抱えつつ、暴力や友情や恋に無軌道に生きる主人公秋生の激しい青春の物語です。全ての描写がまるで映像を見ているかのように生き生きと描かれ、自分もこの物語の中に生きているような感覚で時間を忘れて読みふけりました。まさしく超弩級の面白さです。
 直木賞審査員が全員一致で選んだというのもうなずけます。(あ)


『永い言い訳』 西川美和著 文藝春秋刊 1728円
  「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」。読み終わった後、この言葉の意味がきびしく胸に迫ってきました。誰しもが日常や人生において、思い当たることがあるのではないでしょうか。
  長年連れ添った妻を突然のバス事故で失った人気作家の津村啓は、悲しさを“演じる”ことしかできません。同じ事故で母親を失った一家と出会い、初めて妻と向き合い始めるのですが…。
一筋縄ではいかない人間の関係の幸福と不確かさを描ききった、心揺さぶる作品です。著者は映画監督でもあり、すでに映画化もされています。(あ)


『人の前に出る仕事の人へ。』 加藤昌史著 ぴあ 2015年12月刊

自分の考え方やコミュニケーションの仕方が凝り固まっているなぁ・・・と感じたらぜひ読んでみてください。人間関係においていろんな物事を良い方向に流すためのヒントが詰まっています。正直なところ、読んだからといってすぐに実行するのは難しいとは思いますが、それでも明るい気分になれます。教職員など人の前で話す機会の多い人はもちろん(そもそもこの本ができるきっかけは、教員を目指す学生への講演にあったようですし)、そうでない人、普通の大人や学生・高校生にも示唆に富んだ本です。著書は演劇集団キャラメルボックスの創立メンバーで、製作総指揮。舞台を見に行けばロビーや開演前の説明などで、観客と劇団の間を取り持つ人としてお目にかかれます。(ち)

|

« 今月のししょこさん’S図書館:2016年5月 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年6月 »

お薦めの本」カテゴリの記事

司書委員会」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505932/65795270

この記事へのトラックバック一覧です: 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年5月 プラス・・・:

« 今月のししょこさん’S図書館:2016年5月 | トップページ | 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年6月 »