« 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年2月 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:2016年3月 »

2016年3月31日 (木)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年3月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年3月


ふたえ 』  白河三兎著 祥伝社 2015年刊

ドン臭い「ノロ子」、地味少年「ジミー」、将棋マニアな「劣化版」、無口で影の薄い「美白」、シュールで占い好きの「タロット」、あわせて5人は、教室の片隅でひっそりと生きる「ぼっち」(高校生)たちであった。そこに一匹狼で、破天荒な転校生「手代木」が現われ、その日常が少しずつ変化し始めていく。それぞれの人生で始まる大冒険。舞台は修学旅行で訪れた京都。マンガミュージアムにいる筈だった四日間に、次々とおこる青春イベント!   6編からなる切なくて爽やかな短編集のようでいて、全編を通して大きな謎(トリック)が埋め込まれている。修学旅行の班メンバーは6人のはずなのに、なぜか7人いるような気がしてくるというミステリー!。話のあちらこちらに潜まれている謎めいたキーワード。そしてそのすべての謎がラストの章であかされる。(とんでもないどんでん返しが…)。   いや~これは傑作ですね。一本取られたようなすがすがしさがあります。あとタイトルも 本の表紙も意味深で、とても凝っていますね。(表紙の絵にひっかかりました) 「これだから読書は止められない…」そんな気持ちになる作品でした。(S)


『はたらく細胞』 1~2巻(既刊2冊、以下続巻) 清水茜著 講談社 シリウスKC


肺炎・花粉・インフルエンザ・食中毒・熱中症・ガン…。 体は日々数々の脅威にさらされている。その時体内ではどんなことが起こっているのか。 体を守る細胞一つ一つが自意識を持っていたら?「細胞擬人化漫画」です。(あ)

|

« 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年2月 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:2016年3月 »

お薦めの本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505932/64746033

この記事へのトラックバック一覧です: 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年3月:

« 司書子さん☆今月の一冊二冊 2016年2月 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:2016年3月 »