« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月20日 (日)

今月のししょこさん’S図書館:2015年12月

今月のししょこさん’S図書館:2015年12月

12月はクリスマスモードで華やかな飾りつけをしているところが多いです。

151207_095301

絵本「ミッケ!」シリーズは高校生も大好きです。大きな掲示板にそんな世界が作られたら生徒は大喜びでしょうね。


Img_20151128_100426

渡り廊下の掲示板、図書委員会展示の模造紙ポスターと、同じく模造紙で作ったツリーを貼り、ツリーの横に星形短冊を用意して七夕のようにお星さまへの願いごとを書けるようにしておいたところ・・・1日でこんなに願いが貼りついていたそうです。


↑の写真の右側の展示紹介ポスターで紹介されている展示が
↓の写真です。テーマは「結晶」

Dsc_1901

Dsc_1872_2



Photo
↑大きいのは直径50センチ以上あるという、紙製の雪の結晶モビール。作るのは意外に簡単だそうですがとてもゴージャスに見えるので、生徒たちは「コレ先生が作ったん?
すごい!」と素直に感動してくれるのだそうです。

Photo_2

そのモビールの奥に写真では小さくてわかりにくいですが美術を選択している生徒の作品・自画像とコラージュが展示されています。

Photo_3

「背よりも高いツリーを」という係教諭の熱意で司書と共同出資・共同制作の大きなツリー。レンガ柄の台もすてきですね。

↓そのツリーを外から見たところです。文字と星はフロストスプレーで書いてあります。

Dsc_1881

このツリーのトップスターを百均の自転車用ライトを使ってライトアップ!
Img_20151128_100208

美しく光っています。

Photo_4

↑いろんなところに細かくクリスマスの飾りを配しています。


↓無数の雪の結晶が閲覧室いっぱいに吊り下げられていてとても美しく幻想的に見えます。写真では小さくてわかりにくいですが、全ての閲覧机にミニツリーが飾られています。

2015121016370000


↓定番クリスマスの本コーナー。

Photo_5


クリスマスを前にした図書委員会行事「作ってみませんか講座」で光の箱とローズウィンドウ作成講座をした学校もあります。

Photo_6


クリスマス以外の展示もあります。

↓スターウォーズ映画公開を機会として、SF特集「SWからSFへ」
Sf
   





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年12月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年12月


司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆します。

給食のおにいさん (幻冬舎文庫) 』 遠藤彩見著

融通が利かない性格のために、同僚と上手くいかず、シェフから給食調理員になって しまった佐々目宗が、給食・子どもたちとの触れ合いを通して、再び夢をかなえるた めに歩き出す、という物語です。 私たちの身体は、昨日まで食べたもので出来ています。そして、私たちの心は、昨日 までの経験や思い出で出来ています。「食べる」という行為は、一瞬の喜びであると ともに、永遠の生産でもあるのです。 表紙のポップさとは違い、物語は、胸が痛くなるような事例にあふれています。ネグ レクトやいじめ、社会情勢などなど…。そんな厳しい世界を生きる子どもたちのため の1食で、身体と心を支えようという給食調理員たちの熱意に、ぐいぐい引き込まれ てしまいました。  公立小学校で働く3巻と、私立のお嬢様学校のシェフ給食に挑戦する1巻の、計4巻 が現在出版されています。傷ついた生徒たちを支えるヒントに、ぜひどうぞ。(る)



へんな生きもの へんな生きざま 』 早川いくを〔編著・デザイン〕 エクスナレッジ   2015.8 税込3,024円

著者の『へんな生き物』シリーズは大変面白い本ですが、肝心の生きものの姿がモノクロのイラストなのがマイナスでした。でもこれは大判のカラー写真!とにかく写真がすごい!見なきゃ損です。まず写真を次々と見て、あらためて解説を読んで、再度写真の細部をじっくり眺める、と何度も楽しめます。 ほんとは実在しない生き物が、こっそり混ざっていたりして…?(ま)


絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで 』 ダニエル・スミス/著 小野智子・片山美佳子/訳 日経ナショナルジオグラフィック社 2014.12 税込2,376円

ペンタゴン、コカコーラのレシピ保管庫、中国サイバー部隊、バッキンガム宮殿の女王の寝室、伊勢神宮内院などなど「こんなところがあったのか」と感心させられます。SFやスパイ物が好きな人なら、たまらないでしょう。でも、これってもう非公開じゃないのでは…。 きっとこれどころじゃない絶対に発表できないものが、世界にはまだまだいっぱいあるのでしょうね。 続編に『絶対に見られない世界の秘宝99』があります。(ま) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »