« 「第6回 京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:10月 »

2015年10月26日 (月)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年10月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年10


『話虫干し 』 小路幸也著 筑摩書房 ちくま文庫 2015年

 名作の中に入り込んでストーリーを改変してしまう“話(はなし)虫(むし)”を退治する図書館員の話。
 夏目漱石の名作『こゝろ』のストーリーがおかしくなっていることに気づいた新米図書館員は、虫干し(虫退治)のために作中に登場人物として入り込む。そこには生き生きした「K」や「先生」に交じって、漱石自身やホウムズ君(シャーロック・ホームズ)、ヘルン先生(ラフカディオ・ハーン)など、本来の『こゝろ』には出てこない人物が登場し、ストーリーが脱線していく。どうやら“話虫”自身も作中人物に変身しているらしく、それらしい怪しい男を見つけるが、捕まらない。いったい“話虫”とは何者か、そのもくろみとは何か? さぐるうちに司書は、「K」や「先生」がまことに愛すべき人たちで、作品を本来のストーリーに戻すと彼らは自死する運命だということに気づいてつらさを覚え始める。作中人物には幸せに生きてもらいたい、しかしこのままでは名作『こゝろ』は改変されて『こゝろ』ではなくなってしまう。本と物語を愛する図書館員が考えついた解決法とは?!(ま)



『すかたん』 朝井まかて 著 講談社文庫 2014年刊

    第3回「大阪の本屋と問屋が選んだほんまに読んでほしい本」に選ばれた作品。
ひょんなことから大阪の青物問屋で女中奉公をすることになった江戸娘の知里(ちさと)。
大阪の文化に戸惑いながらも、旨いもんに目覚めていく。ただ遊び人の若旦那の様子が気になりだして‥
    若旦那が今の朝ドラの若旦那と重なります。でも、ただの遊び人ではなく、青物に関しては闇雲に突っ走ります。その姿に知里も私も惹かれていくのでした。『すかたん』っていい大阪弁だなって思います。(あ)

|

« 「第6回 京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:10月 »

お薦めの本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505932/62216295

この記事へのトラックバック一覧です: 司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年10月:

« 「第6回 京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」 | トップページ | 今月のししょこさん’S図書館:10月 »