« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年5月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年5

都合により、今月は1冊です・・・





『今日も一日きみを見てた』角田光代著 角川書店 2015年刊

自分は犬派と思っていた作家が、ひょんなことから猫を飼うことになり、はじめて猫と暮らす日々に驚き、よろこぶ様子が実に繊細かつストレートに描かれています。
はじめて病院に行くときには猫の命の重さとはかなさに気づいて号泣し、どんくさかったり、気が小さかったりという個性がわかるにつけ、「うちに来てくれたのがこの子で良かった」と家人と言い合うなど、わかるなあ…の連続です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:5月/2015

今月のししょこさん’S図書館:5月/2015

端午の節句が終わって久しい…という感じになってしまいましたが、5月の展示です。
当然こいのぼりから(?)
Photo_2

のぼってます。
Photo_3



“こども”の本の展示です。

Photo_4


Photo_13

端午の節句


Photo_8

端午の節句窓飾り


5



「母の日」も5月

Photo_11


↓図書委員会の展示、今月のテーマは「WAY WAY!
ワイワイ進路を考えよう」。道のWAYとワイワイ楽しくというのをかけているんだそうで。ついでに、未来へ続くΥ字路の分岐点で、ブタさんは「大いに悩んで人になろう」とつぶやくのでしたわい!↓

Photo_5



Photo_6

↑↓入口のガラス窓は、新緑の季節を迎えました。青い鳥と四つ葉のクローバー探しは毎年恒例のクイズに。昼休みや放課後、男女・学年を問わず、ガラス窓に顔をくっつけてラッキーを探しています。↓↑

Photo_7


↓愛鳥週間・・・鳥の本↓


Photo_9

5月に団体鑑賞(芸術鑑賞・演劇鑑賞...etc.)を行う学校も多いです。そういう際には関連図書を展示します。
Photo_10


今夏のインターハイは近畿で開催。そのうち京都で開催される種目の関連書(スポーツ小説)を展示。夏を先取り!↓

Photo_12



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

「第4回学校図書館研修会」

京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい実行委員会が主催する
「第4回学校図書館研修会  ~活用される学校図書館をめざして~」が下記のとおり開催されます。学校図書館で働いておられる方、学校図書館に関心をお持ちの方、どなたでも参加いただけます。事前申し込みは不要です。
 
   ※ 日時  2015年6月27日(土) 13:30~16:00   [13:00より 受付開始]
      ※ 場所  ラボール京都(京都労働者総合会館) 4F第1会議室
      ※ 内容  実践報告: 「探究型学習と学校図書館」
                            
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年4月

司書子さん☆今月の一冊二冊 2015年4月

『おとうさんのちず』  ユリ・シュルヴィッツ作
    あすなろ書房 2009年刊
  戦争で命からがら故郷をおわれ、遠い国で食べるものも満足にないという日々。
  ある日、お父さんはパンを買いに市場へ出かけていった。だけど、パンを買わずに地図を買ってきてしまった。お腹がすいている僕とお母さんは許せない思いだった。
  次の日、お父さんが壁一面にその地図を貼った。僕はその地図を眺めて、うっとりした。そして、何時間でもあきずに眺めた。狭い部屋にいても心は自由に飛んでいけて、ひもじさも貧しさも忘れ、魔法の時間を過ごすことができた。
  
ユリ・シュルヴィッツの自伝絵本。(Y)


『つむじ風食堂と僕』 吉田篤弘 ちくまプリマー新書  2013年刊

12歳の少年リツ君は最近、「将来どんな仕事をすればいいのか」について考えている。行きつけの「つむじ風食堂」で町の大人たちに仕事についての話を聞くが…。 本書は「つむじ風食堂の夜」をはじめとする「月舟町三部作」(三作目は未刊行)の番外編であり、吉田さんが“クラフトエヴィング商會”として装丁を手がけてきた「ちくまプリマー新書」の200冊目の本でもあります。この新書シリーズのコンセプトは「子供たちに、ひとつだけ伝えるとしたら、あなたは何を伝えますか」ということで、吉田さんの「初心」である「つむじ風食堂」が舞台となっています。だからきっとタイトルの「僕」は吉田さんであり、リツ君なのだと思います。さて、大人たちはリツ君にどんな仕事の話をしたのでしょう?『つむじ風食堂の夜』ではどこかおぼろげで頼りない人たちが、リツ君目線だとちゃんと「大人」なところがほほえましかったです。サッポロビールのCM「大人エレベーター」のようにあなたも大人と出会ってみてください。(W)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:4月/2015

今月のししょこさん’S図書館:4月/2015


4月の学校図書館は今年もやっぱり花盛りです

2015041008450000

↑図書委員が作ってくれた春の展示↑

Photo

↑桜の本↑


Dsc_1462

 ↑入り口ドア。↑クリスマス以降使いまわしているマスキングテープの木に桜の切り紙を咲かせました。その上にはパステルカラーのガーランド。

Dsc_1466_2

↑ウェルカムリースも桜で。

Photo_2

↑入り口引き戸にア-チな形の桜の木↑

Photo_3

↑桜ガーランド、手前がフェルトで奥が紙製。↑

Dsc_1468 

↑ウォールステッカーを使った窓(屋内の仕切り窓)飾り。↑
渋めの色合いのトリと植物。センスよくレイアウトするのは、とても難しい、とのことですが・・・。


Dsc_1475

↑図書委員会の「今月〔4月〕の展示」テーマ、「森へようこそ!」↑

森の字は実は、木×3ではなく

Photo_4

↑本×3で「ほんのもり」とルビをふりました。↑

Photo_5

森に関するいろんな本を集めました。糺の森の本と森見さんの『有頂天家族』、東山魁夷さんの画集、巨樹の写真集、絵本などジャンルはいろいろ。デコレーションのグリーンのアーチは、細い樹脂のパイプをつなげてベースをつくり百均造花のグリーンを絡めました。
新しく入った書架のヒノキの香りが館内に充満しているので、思いついたテーマです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »