« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月25日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆します。ところで、これで3か月連続「M」さんが執筆していますが、そして今月は2冊とも「M」さんですが、みんな違う「M」さんです。輪番で執筆中なのですけど「M」さん率高いですね・・・。

『人類が絶滅する6のシナリオ もはや空想ではない終焉の科学』
フレッド・グテル著 夏目大訳 河出書房新社 2013/9 本体2200円 

火の玉が降ってくる表紙絵、「明日、人類はこうして絶滅する!」という帯のキャッチコピー。トンデモ本か?と思わせられますが、「最悪の場合、人類はこういう滅び方をする可能性がある」ということを示す、ちゃんとした科学の本です。なんせ著者は信頼の「サイエンティフィック・アメリカン」編集長。
 その絶滅のシナリオですが、スーパーウイルス(新型インフル等)、生物の大量絶滅、気候変動、生態系の崩壊(=食糧危機)、バイオテロリズム、コンピュータの暴走、の6つの面から、それぞれ実際に起こった事例を挙げて詳しく説明しています。もし2009年のインフルエンザが強毒性だったら…もし大量絶滅がすでに始まっているなら…。私たちの「今」が、いかにきわどいバランスの上に成り立っているのかよく分かって、ゾクゾクしますよ。個人的に気候変動の章が一番ゾクゾク。気象には、ゆっくりと予測可能な変化をしていたシステムが、突如、急激な予測外の変化を始める(そしてもう元には戻らない)ポイントがあるのだそうです。ラクダの背を圧し折る最後の1本の藁、ですね。そしてその藁は、もうすでに積まれてしまっているのかも…。 

おまけ:著者は「隕石に関しては運次第、それよりも…」と、あくまで人類の活動を問題にしているのに、この表紙は違うんじゃないですか、河出書房新社さん。売れたら許すけど。(M)

『竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ 著&監訳
都竹恵子 訳  ハート出版

1945年、第二次世界大戦末期、11歳の擁子は住んでいた朝鮮半島北部羅南でソ連兵の侵攻に遭遇し、母と16歳の姉と決死の逃避行を余儀なくされる。兄と父と生き別れたまま、欠乏する食糧、抗日パルチザンの執拗な追跡や容赦のない襲撃、民間人の心ない暴行をかいくぐり、祖国日本を目指すが…。

 この体験記は、1986年にアメリカで刊行され、数々の賞を受賞し、中学校の教材として採択された。終戦後、朝鮮半島からの引き揚げがどのようなものであったかを知ると同時に戦争の悲惨さと平和の尊さを訴える資料であり、様々な人に読んでもらいたい本と言える。(M)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:12月その3+アルファ

クリスマス展示の続きと、下の方ではハロウィンの補遺を。

2013122408490000

クリスマスの本の展示
Photo

↓窓辺にもクリスマス

Photo_2


↓昼のツリー
Photo_3


↓夜(閉館後)のツリー

Photo_4
人がいない図書館はこんなに美しい?!


下の写真はハロウィンの飾りの補遺です。
Photo_5

図書館に謎の怪人現る?!
上の写真は大きなジャック・オ・ランタンですが

下の写真の左の小さいカボチャはプッチーニ(カボチャの種類)だそうです。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

今月のししょこさん’S図書館:12月その2

窓、ガラス戸にもクリスマス飾り。

切り紙やローズウィンドウ風・ステンドグラス風、ガーランドと組み合わせたものやタペストリー風の仕上げになっているものなどいろいろと。
Photo_7

Dsc_0442

Dsc_0435

↑星のウェルカムリース。星は白・黄系のうす様紙・和紙・透明折紙で。放課後に生徒たちとチョキチョキ

Dsc_0434

↑入口のデコレーション。五角形ベースの切り紙(星とポインセチア)をメインにクリスマスデコ。
Dsc_0444

↑プレゼントの箱をモチーフに。和紙・トレーシングペーパー・マスキングテープで作りました。文字はボード用マーカーで。

Photo_6

Photo_8

Photo_10

↑グラスデコ絵具で描いたツリー。


館内では
Photo_9

クマも読書中。

201312021453000


ハロウィンのカボチャもクリスマスバージョンに。

Photo_11

フラッグガーランドをアレンジしたり
Photo_12

上から雪に見立てた綿を吊り下げたり

パーティー会場のように楽しげに、お出迎えしています。

Photo_13

折り紙サンタも多彩です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:12月

12月の展示・装飾はクリスマスをモチーフにしたものが多いです。

1

外から見える場所も場所はもちろん、
閲覧室内もいろいろ飾り付けています。

Photo

クリスマスはデザインアイテムも多いですし、閲覧室中に色々な展示・装飾を施している図書館もあります。

Sa3a0123

クリスマスツリーはほとんどの学校に複数飾られているようです。

Photo_2

高校生ともなると家ではもうツリーは飾らないという生徒も多く、喜んで飾りを手伝ってくれます。

市販のツリーだけでなく

折り紙や画用紙で作ったツリー、松ぼっくりツリーなどの定番に

Photo_3

タペストリーや

Photo_5

モビールツリーもあります。

閲覧室にはクリスマスの本コーナー

Kurisumasu_3

クリスマスの本は美しい絵本やすてきな表紙画の本が多いので飾りがいがあります。

Sa3a0121_2

下の写真はアドベントカレンダー風の本の紹介展示。
1日一冊紹介しています。

201312040837000

201312040841000

この機会に絵本特集やお菓子のレシピ特集をする学校も。

Sa3a0127

硬いテーマの展示にも
クリスマス飾りで彩りを添えています。

(このテーマ、続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆します。

『刑事マルティン・ベック 笑う警官』

マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー著
柳沢由実子訳  角川文庫刊

 1967年11月13日夜、雨のストックホルム。町はずれを走る路線バスで8人が殺害される大量殺人事件が発生した。殺人捜査課主任捜査官マルティン・ベックは現場に駆けつけるが、被害者の一人は彼の若い部下だった・・・

 エド・マクベインの『87分署』シリーズと並ぶ警察小説の名作、『マルティン・ベック』シリーズの新訳版が出版されました。最大の違いは旧版(高見浩訳)が英語版からの重訳だったのに対し、新訳は原書からの直訳であること。さらに時代と訳者の性別の違いもあってか、雰囲気が大分変っています。

 「全10作で10年間のスウェーデンの社会変化を描く」という意図が作者にあったそうで、ベトナム戦争に反対する大規模なデモの最中に事件は起こります。シリーズの他の作品も順次刊行されるそうなので、ミステリが好きな方はもちろんスウェーデンに関心のある方もぜひどうぞ。 (M)



『絵くんとことばくん』  天野祐吉著 福音館書店

2013年10月に亡くなった、天野祐吉さんによる絵本です。

優太くんはもうすぐ小学4年生。それなのにお小遣いはたったの500円しかありません。これは少なすぎる!とお母さんに訴えるため、ポスターを作ることにしました。頭の中の「絵くん」と「ことばくん」が協力してできたポスターとは…?

さすが広告のプロ!天野さんの素晴らしい作品が次から次へと登場します。どうすれば自分の要求を伝えてお母さんの心を動かせるか、ブレインストーミングから分かりやすく描かれており、子どもから大人まで楽しめる一冊です。良質なプレゼン入門書とも言えるこの本は、宿題や小論文、これから働く高校生にもおすすめです。そしてもちろん私たちの仕事にも…。こんなポスターが描けたら、図書館にたくさんの人がやってくるかもしれません。簡単に楽しく、人生に必要なスキルが身につく本書を、ぜひ皆さんも手に取ってみてください。 (R)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:10月の補遺

10月の展示の様子の補遺です。

Photo_11

Photo_12

Photo_13


Ts3s0074

Ts3s0069

くまもんもお手伝い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:11月

バタバタとしている間に師走になってしまいました。「今月の・・・」なんて書きつつ、11月の図書館展示のご紹介です。

10月末から11月は「読書週間」「読書旬間」などを設置している学校が多くさまざまな図書館行事・図書委員会行事を企画するとともに、図書館の展示も行っています。
図書委員や先生方からのお薦めの本の展示(含:冊子作成)をする学校も。
Photo

Photo_2

Photo_3

図書委員のお薦め本、ポップがいいですね。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

「館内」を飛び出て、ポスターという発想も越えて、懸垂幕や幟を活用する学校も。
Photo_7

「秋の本」のテーマ展示

Photo_8

↑この写真の木の葉は本物の押し葉をラミネートしたもの。

Photo_9

もみじのガーランド

Photo_14

硬いテーマもかわいくアレンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »