« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月20日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆します。

『○に近い△を生きる;「正論」や「正解」にだまされるな 

  鎌田 實著 ポプラ社刊

「がんばらない」などのエッセイでおなじみの鎌田先生の作品。新しく創刊されたポプラ新書の第一弾。

副題にあるように今現在世の中で言われている「正しさ」の息苦しさに対して少し目線をずらすよう促したもの。鎌田さんは「別解」と名づけて、それを探していくことを提唱されている。その「別解」は一つではなくたくさんあり、その中で○(正解)に近い△(別解)を見つけようと言っている。
 高度経済成長の頃、「がんばれば幸せになる」と言う正解があった。その正解にとらわれた結果、現在息苦しさを感じる人が増えている。そして、自分よりも弱い人たちを攻め続けその行動に自分の居場所を見つけ、そこで自分自身を肯定する人が増えているように感じる。ヘイト・スピーチなどその典型であると思う。ただ一つの正解にとらわれるよりも、その周りにたくさんある△を探すほうがずっと自由で楽しい。
 最近、道徳を教科にすると言われている。「教科」ということは教科書を使って教え、それに成績をつけることになる。それは一つの正解を教えることになり、教える側の思いに沿うことが生徒に要求されることになるような気がする。同じ考えを持つ人だけで構成される社会はとても怖い。自分と違う考えを持つ人を認めることによって自分自身も認められていくこと。私たちの中にある数多くの△をお互いに認めていける社会はとても自由で輝いている。(A)

『エンジェルフライト』 佐々 涼子著 集英社刊

 国際霊柩送還士という仕事があります。海外滞在中に不慮の事故や急病などによって亡くなった人を、棺に納めて日本に送り届ける仕事をする人たちのことです。
 事故や事件に巻き込まれて亡くなった遺体は損傷が激しかったり、防腐処置のまずさから安置期間が長くなると傷みが出たりして、そのまま遺族に渡すのはしのびない時もあるそうです。
 そこで彼らは遺体修復をほどこし、元気で明るくやさしかった生前の姿にできるだけ戻して、日本で待つ遺族に届けるのです。突然大切な家族を失ってしまった遺族の気持ちを思いやった、本当に心意気の仕事です。大変タフな精神力を求められる仕事ですが、人の最期を整えるというのは、残された遺族に救いをもたらすことなのだと思いました。(M)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のししょこさん’S図書館:10月

10月はハロウィンをモチーフにした展示が多いようです。

Photo
和紙で作ったウェルカムリース。ハロウィンバージョン。
P1030713
コンテストで選ばれたキャッチフレーズ「さて、読むか」。クラフトパンチで切り抜いた小さな木の葉や林檎などで文字が構成されています。ハロウィンのお化けも添えて。
020

少年写真新聞社の会員向けサイトから型紙をダウンロードして作った切り絵
Photo_2

楓や銀杏の切り紙で窓を装飾(部分)
*ある学校の先生が家庭菜園で栽培したおもちゃカボチャを、大量に近隣校の司書に分けてくださいました。握りこぶし程度の大きさの装飾用のカボチャです。各校の図書館をかわいらしく彩っています。
Photo_3

Photo_5


Photo_5

PC化で利用されなくなった目録カードケースを使って展示しています。抽斗を開けて段差として利用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

今月のししょこさん’S図書館:9月

なんとなく、ブログの更新が滞りがちですが・・・

9月の図書館展示の様子です。(毎回司書子さんメンバーのいろんなの学校の写真を掲載しております)
Photo
和紙と毛糸で作ったコスモスの窓飾り。上部の方はウェルカムリースになっています。
Photo_2
「サヨナラ今年のナツ文庫」と題して、各社の夏のお薦め文庫冊子の掲載作品を
Photo_3
お月見の関連書(月の本、お団子や月餅の作り方の載っている本など)を展示するのも定番です。
Photo_4
このすてきな面展台は、この学校の技術職員さんの手作り。省スペースでたくさん展示できて、生徒たちにも「見やすくて手に取りやすい」と好評なのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

今月のししょこさん’S図書館:夏の補遺

遅くなりましたが、初夏から夏の図書館の様子で、掲載が延び延びになっていた分です。

N2

立派な兜は地域の方からいただきました。

N1

七夕飾りはほとんどの学校図書館で
Pt2
ユニット折り紙も生徒たちの作品です。
Pt1
生徒たちが組み立てたペーパークラフトたち。

Photo

夏らしく館内を彩る朝顔のモビールや

Kingyo
金魚の切り紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さん☆今月の一冊二冊

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介します。輪番で執筆して行く予定です。

『みをつくし献立帖』
 髙田郁著  (角川春樹事務所)ハルキ文庫
 人気時代劇「みをつくし料理帖」シリーズの料理のレシピが載っている本です。全て作者自らが再現したもので、どれもこれもやさしい味が伝わってくる写真です。 その間に挟まっている「みをつくし内緒噺」にはシリーズ誕生の秘話や登場人物の名前のつけ方など楽しい話がいっぱいです。澪と野江の幼い頃を描いた短篇も入っていて、本シリーズを読んでいない人もすぐに読みたくなるかすぐに料理を作りたくなるかという一冊です。 (Y)

『ある奴隷少女に起こった出来事』
  ハリエット・アン・ジェイコブズ著   大和書房  2013年4月刊 
 19世紀前半のアメリカ、ノースカロライナ州で少女ハリエット(著者、本のな かでの仮名・筆名はリンダ。以下リンダ)は愛情深い両親と自由黒人である祖母に 庇護され、「奴隷」という境遇に気づくことなく幸せに育っていました。6歳で 母と死別するも母の乳姉妹である女主人「お嬢さん」の優しい養育を受け、読み 書き教育も授けられます。しかし、やがて「お嬢さん」が亡くなりその所有する 奴隷たち(リンダやその家族・親族ら)は、遺言により相続されます。リンダは 「お嬢さん」の幼い姪の持ち物になります。その家の主人、ドクター・フリント は美しい少女となったリンダをわがものにしようと始終付け狙い、そのことに嫉妬する奥様はリンダに辛く当たります。そして・・・。街中の屋敷内で働くリンダたちには、アンクル・トムのようなプランテーションでの強制労働はありませんが、人間としての尊厳や自由、生命さえも脅かされ続けることは同じです。
 この本は約150年前、南北戦争の始まった1861年に自費出版で発行されました。著者がその半生を綴ったノンフィクションですが、当事者がまだ存命であることを憚ってすべて仮名で描かれていたこと、奴隷主による奴隷女性へのレイプが横行していたとするショッキングな内容(当時の人は受け入れがたかったのかもしれない)、黒人奴隷が書いたとは思えない(奴隷制に反対する人たちの中 でさえ偏見がある)洗練された文章であることから、白人による創作と思われ、 いつしか忘れ去られていったそうです。しかし近年著者に関する研究が進んだこ とにより、この手記が再発見され、アメリカで再出版されて話題になったということです。深刻な内容ですが若い人が読みやすいようにやさしい語り口で書かれた本です。奴隷制度がいかに奴隷主やその家族の人間性をも傷つけるものであるかも鋭く指摘されています。古びないテーマと魅力を持つ本です。(C)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »