2019年6月26日 (水)

第8回学校図書館研修会のお知らせ

京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい実行委員会が主催する
第8回学校図書館研修会
        ~活用される学校図書館をめざして~
                                          が下記のとおり開催されます。
学校図書館で働いておられる方、学校図書館に関心をお持ちの
方、どなたでも参加いただけます。事前申し込みは不要です。
参加無料。
※ 日時 2019年6月29日(土)13:30~16:30 [13:00より 受付開始]
※ 場所 ラボール京都(京都労働者総合会館) 4F第1会議室
    京都市中京区壬生仙念町30-2 電話 075-801-5311
※ 内容 
    「ようこそ、こどもの本の森へ!」
      小学校司書  杢 佐和子 さん
  小学校でこどもの本の森の案内人として今年で7年目。
  1年生から6年生まで、こどもと本のとなりで過ごしてきた
  これまでの日常を、エピソードを交えて発表します。
20191_20190626154601
  * 報告を受けて、参加者で日頃の疑問や困っていることなどを
    出し合い、 交流しましょう !!

 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

採用試験情報(育休代替職員)

京都の府立高校「学校図書館司書」の育児休業代替職員の募集があります。

●申し込み書類の提出締め切りは、3月13日(水)

●選考試験実施日は、3月15日(金)~19日(火)

となっています。

締め切りまで日がありませんが、希望される方は、

京都府教育委員会ホームページの教職員企画課・教職員人事課>採用試験情報>(3月6日掲載)平成31年度京都府公立学校任期付職員(学校図書館司書)の募集について 

をご確認ください。

京都府教育委員会 教職員企画課・教職員人事課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2019年1月

司書子さんメンバーが輪番でお薦めの本を紹介します。

『グレイヘアという選択 ムリせず自然に美しく』 主婦の友社編 主婦の友社 2018年刊 1500円(税別)

 以前から白髪が多く、特にひとり暮らしをするようになってからドンっと増えました。現在約2ヶ月に一度美容院で染めています。先日いつも担当してくれる美容師に相談したら「絶対似合いますよ!」と言われたものだから最近はやりのグレイヘアにチャレンジしようかなと思い始めました。
 それでもやはり「老けてみえる」とか「身だしなみとして染めるのが当然」と言う声が多いのも事実です。男性のグレイヘア(ロマンスグレイ?…これも死語ですね)については「自然でいい」と言われるし。アイドルだったあの吉川晃司でさえ下町ロケットの白髪はカッコいいと言われています。いや、吉川はなにしてもカッコいいけどね。
 この本に載っている人たちはホントに似合っていて綺麗。グレイヘアを選んだ理由は人それぞれだけど、みんな何かから解放されたようで肩の力が抜けて自分らしさを楽しんでいます。もちろんおしゃれも楽しんでいます。白髪も怖くないよね、年相応も悪くないよね、自然体が一番!そんな風に思える1冊でした。
 私も一歩踏み出してみようかな。とりあえず、グレイヘアを目指してみようかな。今からどんな自分らしさが顔を出すのかちょっと楽しみです。
(F)

『気をつけよう! ブラックバイト・ブラック企業』1~3巻 ブラックバイトから子どもたちを守る会編 汐文社 2017年刊 セット7200円(税別)

高校生になって、アルバイトを始めたあなた!
バイト先で困ったことってないですか?
「タイムカードを押してから残業」「テストなのに休めない」「ノルマ達成できないと罰金」…。
学業に支障が出るアルバイトや労働者を不当に扱うブラック企業には注意が必要です。
この本ではバイト先でよくあるトラブルを「ブラックあるある」としていくつも紹介し、防止策を教えています。
(H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

教育のつどい2018 第68次京都教研・追記

1月27日(日)に行われる第68次京都教研の第25分科会「文化創造と図書館」の内容について、変更と追記がありますのでお知らせします。

1)レポート「地域とつながる学校図書館の活動」は、レポーターのご事情により残念ながら今回はなしとなりました。
2)レポート「地域での劇づくりのとりくみ」には、中学生と高校生が一名ずつ参加してくれるそうです。子どもの立場から、とりくみについての報告をしてもらえるのではないかと楽しみです。

教研は申し込み不要・参加費無料、興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
当日のレポート参加も大歓迎!
子どもの文化状況や学校での文化活動・図書館活動についてぜひ交流しましょう。
たくさんのご参加をお待ちしております。

********************************************

日時:2019年1月26日(土)・27日(日)

会場:京都教育文化センター・職員会館かもがわ

内容:
1日目(26日)全体会(会場:京都教育文化センター) 
14:25~ 講演「いつも こころに たいようを~世界の子どもたちと向き合って~」安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)
16:30~ 教育フォーラム「今、学校、子供たちは…」

2日目(27日)第25分科会「文化創造と図書館」(会場:職員会館かもがわ 3階 第6会議室)
9:30~  
「ビブリオバトルでアクティブラーニング」 (府立高校学校図書館司書)
「学年でとりくんだ学芸会での劇発表」 (小学校教諭)
「地域での劇づくりのとりくみ」 (小学校教諭)

※チラシでは16:30までとなっていますが、午前中で終了する可能性大です。ご注意ください。

教育のつどい2018 要項(京教組HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

教育のつどい2018 第68次京都教研のご案内

今週末の「子どもの未来をみんなでひらく 教育のつどい2018(略称:68次京都教研)」。
分科会「文化創造と図書館」では、府立高校司書によるレポートが2本、小学校の先生のレポートが2本予定されています。
司書のレポートは、昨年10月の高校教研で大好評だった内容をさらにブラッシュアップされるとのことで、楽しみです。

教研は申し込み不要・参加費無料、興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
当日のレポート参加も大歓迎!
子どもの文化状況や学校での文化活動・図書館活動についてぜひ交流しましょう。
たくさんのご参加をお待ちしております。

********************************************

日時:2019年1月26日(土)・27日(日)

会場:京都教育文化センター・職員会館かもがわ

内容:
1日目(26日)全体会(会場:京都教育文化センター) 
14:25~ 講演「いつも こころに たいようを~世界の子どもたちと向き合って~」安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト)
16:30~ 教育フォーラム「今、学校、子供たちは…」

2日目(27日)第25分科会「文化創造と図書館」(会場:職員会館かもがわ 3階 第6会議室)
9:30~  
「ビブリオバトルでアクティブラーニング」 (府立高校学校図書館司書)
「地域とつながる学校図書館の活動」 (府立高校学校図書館司書)
「学年でとりくんだ学芸会での劇発表」 (小学校教諭)
「地域での劇づくりのとりくみ」 (小学校教諭)

※チラシでは16:30までとなっていますが、午前中で分科会が終了する可能性もあります。ご注意ください。

教育のつどい2018 要項(京教組HP)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年11月

司書子さんメンバーが思い思いのお薦めの本を紹介するコーナー。半年ぶりに再開しました! 輪番で執筆します。

 

『さざなみのよる』 木皿泉著 河出書房新社 2018年刊 1400円(税別)

 



 木皿泉さんが脚本を手掛けたNHKドラマ「富士ファミリー」(2016)をご存じの方いらっしゃるでしょうか? 2016年の新春ドラマとして放送されたものです。薬師丸ひろ子や小泉今日子、片桐はいりなどそうそうたる俳優さんたちが、富士山の麓にある“富士ファミリー”というさびれた田舎のスーパーを舞台に、家族の悲喜こもごもを演じるホームドラマでした。脚本が「すいか」を手掛けた木皿さん、スタッフは「あまちゃん」制作陣という安定の布陣ですから、面白くないわけがないです。録画しとけばよかったと後悔した覚えがあります。(確認したらDVDになっていました!)

  前置きが長くなりましたが、オススメする『さざなみのよる』はこのドラマのスピンオフのような物語です。ドラマには幽霊役として登場した次女ナスミが、病院で余命わずかというシーンから小説は始まります。やがてナスミが最後を迎え、その死を見守った姉鷹子、同級生、友人、元同僚などが一話一話の主人公となり、ナスミとの思い出を語ります。

 特に印象深かったのはナスミが中三の時に家出をしようとした相手で、今は理髪店を営む清二のエピソードでした。家出自体はナスミがすっぽかしたせいで成功しませんでした。清二はなぜあのときナスミが約束の時間に来なかったのか分からないまま、ナスミの死を知ったのです。すでに結婚もし、理髪店も継いで大人になった清二の中には、いまだにナスミが裏切った理由が謎のまま、わだかまりとなって残っていました。その謎が解き明かされる時が来る…というお話です。

 人生に“もしも”はないと言いますが、それでも“もしあの時…”と思ってしまうことがあります。でも、いくつもの選択をして歩いてきたこの道で良いんだよね、そう感じさせてくれるお話がこの本には詰まっています。そして読んだ後にはオハギが食べたくなります(笑)
H

『花だより みをつくし料理帖特別巻』
 髙田郁著 ハルキ文庫・時代小説文庫 20189月刊

 髙田郁さんの大人気シリーズ「みをつくし料理帖」。全10巻が2014年に完結し、寂しく感じていましたが、今年、髙田郁作家生活10周年作品として特別巻『花だより』が刊行されました。主人公の澪が源斉先生と大坂に戻ってから4年後の、店主・種市とつる家の面々や小野寺数馬と妻の乙緒、幼なじみの野江、そして澪と源斉夫婦が描かれています。二人仲良く幸せに暮らしているかと思えば、疫病の流行りのため、源斉は心身とも疲弊し、澪も店終いに追い込まれます。が、二人はお互いを思いやり「月も無く、星も無い。暗い暗い闇の海」を乗り越えて、絆を深めていきます。自分の目指す先へ、逃げることなく奮闘する登場人物たちの真っ当なところに、いつも励まされます。彼らの晴れやかな未来が見えるような最後の場面でした。
F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

第9回京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい

しばらく更新が滞っており申し訳ありませんでした。
司書委員会の活動はしっかり行っております!
順次記事をアップしていきますので、改めてよろしくお願いいたします。

第9回京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい

『京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい』実行委員会が主催する「第9回京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい」が下記のとおり開催されます。
図書館で働いておられる方、図書館に関心をお持ちの方、どなたでも参加いただけます。
事前申し込みは不要です。

 ◆日 時 2018年 12月 1日(土) 
       10:00~16:00 9:30受付開始

 ◆場 所 ラボール京都 第1会議室 

 ◆参加費(資料代) 300円

午前の部 10:00~12:00
 ◆講演「求められる図書館と司書のこれから」
      講師 出口 宏子さん(元八幡市立図書館長)

 【講演内容】
  時代が、社会が大きく変わろうとしている中で、図書館と
  して、変えられることと、変えられないことがあると思いま
  す。今だからこそ、今までを整理しこれからを考えたいと
  思います。

午後の部 13:00~16:00
 ◆報告及び実践報告
  ・小学校の学校司書および高等学校学校図書館司書から
   の実践報告を予定しています。

  ・「会計年度任用職員制度について」
         新田 昌之さん(京都自治労連副委員長)

 ◆交流
  どんな図書館がみなさんの望む図書館でしょうか。さまざま
  な角度から図書館のあるべき姿を考え、交流しましょう。

Photo_5Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

第7回学校図書館研修会~活用される学校図書館をめざして~

京都の学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい実行委員会が主催する
第7回学校図書館研修会
        ~活用される学校図書館をめざして~
                                          が下記のとおり開催されます。
 学校図書館で働いておられる方、学校図書館に関心をお持ちの
方、どなたでも参加いただけます。事前申し込みは不要です。
参加無料。
 
※ 日時 2018年6月23日(土)13:00~16:00 [12:30より 受付開始]
※ 場所 ラボール京都(京都労働者総合会館) 4F第1会議室
    京都市中京区壬生仙念町30-2 電話 075-801-5311
※ 内容 
    「こんな展示やってますねん」
      精華町立図書館嘱託司書  松井 順香 さん
  長く児童書担当であり、学校図書館との連携も担当している
  ベテラン司書が、これまで取り組んできた本の展示の工夫を
  お話しします。(約40分)

  「法改正で、学校司書の雇用・労働条件が大きく変わり
   ます!ー会計年度任用職員制度って知っていますか?」
              自治労連  新田 昌之 さん
  このあと参加者で日頃の疑問や困っていることなどを出し合
  い、 交流しましょう !!
Dai7kai_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年5月

『明日も会えるのかな
     ;群青 3・11が結んだ絆の歌』
        坂元勇仁著 Harmony for JAPAN編集  
         パナムジカ(長岡京) 2017年3月刊
                 ¥1600+税 NDC767.4
 「群青」という合唱曲をご存じですか?福島原発から20キロ圏内の中学校で教鞭をとっていた音楽教師が、震災当時1年生だった生徒たちの卒業式ソングとして作ったとってもすてきな曲です。復興支援のコンサートでも演奏され、感動を呼び、さらに著名な作曲家の編曲による楽譜が販売されたことから大きな話題になりました。
 2014年8月30日?31日にかけて、日本テレビ系列で放送された、第37回「24時間テレビ 「愛は地球を救う」」でドキュメントが放送されて更に知られるようになりました。
 この本はこのすばらしい歌の誕生の背景とその後を描くノンフィクションです。音楽が人を癒す力、小田教諭の生徒を想う気持ち、すべてに感動します。「 Harmony for JAPAN」のHPの更新から、公式動画にジャンプできます。ぜひ合唱曲を聞きながら読んでみてください。涙なしには読めません。
                                     (CF)

『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。
     ;テロと紛争をなくすために必要なこと』
         永井陽右著
          合同出版 2017年8月刊
              ¥1400 NDC316.4
 なぜテロリストやギャングが生まれるのだろうか?テロや紛争をなくすために、われわれにできること、なすべきことは何だろうか?「テロとの戦い」ではテロがなくならない理由はなぜなのか?若い世代に向けてこの本はわかりやすく解説してくれる。
 1991年生まれの著者は早稲田大学在学当時から学生NGOを立ち上げ、ソマリアを支援する活動を行ってきたという。その後ロンドンの紛争解決修士課程で学び、テロ・紛争解決を専門とする「アクセプト・インターナショナル」というNPO法人を創設。代表理事として、ソマリア・ケニアを中心に青少年のテロ組織やギャングへの加入防止と脱退促進および社会復帰ための活動を行っている。
 内紛や貧困にあえぐ子どもたちは、ギャングになって不法行為で生きていくか、テロリストにリクルートされるか・・・という人生を選ばざるを得ないところへ追いつめられているのだ。批判や制裁の前に苦しい立場にある青少年がほかの生業や生きがいが持てるような援助こそが必要だということを再認識した。
                                     (CF)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

司書子さん☆今月の一冊二冊 2018年4月

『健康で文化的な最低限度の生活 1~6巻』
     柏木ハルコ ビッグコミックス 2014 小学館
 昨今、子どもの貧困が問題となっていますが、高校でも厳しい環境の中で高校生活を送っている生徒も少なくありません。生活保護については不正受給ばかりがクローズアップされて、生保を受けることが悪であるかのような誤解や偏見を生んでいるように感じます。
主人公義経えみるは大学を卒業して、生活課に配属となった新人ケースワーカーです。空気が読めないことがコンプレックス。担当する生保受給者やその家族たちとのコミュニケーションで悩みながらも、ベテランケースワーカーでえみるの指導係半田さんたちのアドバイスで少しずつ成長していきます。生活保護の現場の厳しさや様々な問題を主人公たち新人ケースワーカーの葛藤とともにリアルに描いています。
                                    YE
 

『神様の裏の顔』
     藤崎翔  角川文庫 2016 角川書店
 神様のような教師が亡くなり、参列者が涙とともに故人を偲ぶ。いろいろな参列者が故人について語る話が紡がれていくが、途中から、本当にそうなのかという疑惑が生れる。一度生れた疑惑はふくらみ、先生は実はとんでもない人だったのではないかと疑われるが…。二転三転するお話。最後まで読むと必ず最初から読み返したくなります。ネタばれするといけないので、これぐらいしか紹介できません。
                                    ME

『賢治と鉱物 文系のための鉱物学入門』
     加藤碵一 青木正博  2011 工作舎
 [りんだうの花は刻まれた天河石と打ち劈かれた天河石で組み上がり、その葉はなめらかな硅孔雀石で出来てゐました。]宮沢賢治の童話「十力の金剛石」の一節です。
 
 賢治の童話には、多くの鉱物が登場します。作中における鉱物とはもちろん物語を彩る道具の一つなのでしょうが、賢治独特の表現―ガラス細工のような装飾音の響きに「色は?形は?一体どんな石なのだろう」と想像力がかきたてられたものです。 
 この本では、賢治の作品に登場する鉱物を、豊富な写真とともに紹介してあります。読み物として冒頭から丁寧に読むのも良いですが、賢治童話の傍らにおいて、物語を一緒に楽しむのがおすすめです。

                                    MA        

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今月のししょこさん’S図書館 2017年後半